活躍の場は意外と多い

女性

社会福祉士として働いている人をあまり見ない方も多いかもしれません。社会福祉士でなければできない仕事があるわけではないので、あえて名乗っていない方も多いでしょう。しかし、実際にはいろいろな場で活躍している方が社会福祉士の資格を取得していることがあります。世の中の様々な変化によって、福祉の重要性が増しています。そのため、福祉の知識がある人を求めるところは多いのです。福祉施設などで活躍するだけではなく、ほかの分野でも福祉の考え方を取り入れたり、アドバイスをしたりする機会はあるものです。そのようなときに社会福祉士の資格があることは役立っていきます。どの分野で活躍するかまだ決めかねている方は、社会福祉士を目指すことを候補に入れてみてはいかがでしょうか。

福祉の知識がいろいろ生かせる

女性

社会福祉士になるためには大学で必要な単位を取得したうえで試験を受けることになります。そのため、社会福祉士は多くの福祉に関する知識を持っていることになるのです。単に知識を学ぶだけではなく、実習なども課されることになるので、福祉の現場もしっかり把握していることが前提となります。その知識は一見福祉に関係ないところでも生かせます。障碍者や高齢者を顧客とする場合、子供に関するサービスを行う場合などには特に、福祉の知識があることがプラスに働くこともあります。だからこそ、こうした社会福祉士などの資格を取得している方を優先的に採用することもあるでしょう。自分の活躍の場を広げるためにも社会福祉士の勉強は役立ちます。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中